ニュース&トピックス

沸騰とは?沸点とは?基礎的な分野で出題!

乙種第4類危険物取扱者試験の受験にあたり、基礎的な分野で出題される事があります。
今回は、沸騰と沸点の説明です。

 

沸騰とは?

液体内部から気化が生じ気泡が発生する現象⇒水に火をつけ泡が出て、”ブクブク” することです。

 

液体内部からの蒸発!

 

詳細

 

  • 沸騰は、液体の蒸気圧と外気圧(大気圧)が等しくなったときにおきる泡 反対に、外気圧が高いとなかなか沸騰しない。
  • 1気圧では、液体の飽和蒸気気圧が1気圧になる時の液温が沸点となる。
  • 外気圧が高いと沸点も高くなり、低いと沸点も低くなる。

 

沸点とは?

沸騰するときの点の事⇒沸騰するときの温度のことをいう。

 

問題 次の用語の説明のうち正しいものはどれか?

①結晶水を含んだ物質が空気中に放置されている間に、結晶水を失って崩壊していく現象を潮解という。
さらさになる。

②固体が空気中の水分を吸収して、湿って溶解するのを風解という。
べとべと

③液面にかかっている圧力に対して、液体の蒸気圧が大きくなって液の表面から気化が起こるのを沸騰という。

④液面にかかっている圧力に対して、液体の蒸気圧が大きくなって液の内部から気化するのを蒸発という。

⑤固体が液体にならないで、そのまま気化することを昇華という。

 

答え: ⑤固体が液体にならないで、そのまま気化することを昇華という。

 

解説

①結晶水を含んだ物質が空気中に放置されている間に、結晶水を失って崩壊して
いく現象を潮解という。

 

解説⇒潮解ではなく、風解(さらさらになること。)ですね。

 

②固体が空気中の水分を吸収して、湿って溶解するのを風解という。

 

解説⇒風解ではなく潮解(べとべとになること。)ですね。

 

③液面にかかっている圧力に対して、液体の蒸気圧が大きくなって液の表面から
気化が起こるのを沸騰という。

 

解説⇒沸騰ではなく蒸発ですね。

 

④液面にかかっている圧力に対して、液体の蒸気圧が大きくなって液の内部から気化
するのを蒸発という。

 

解説⇒蒸発ではなく沸騰です。

 

ということは・・・

 

⑤固体が液体にならないで、そのまま気化することを昇華という。

 

・・・・・・が正解です。

 


taiken03-580x244

【ユーザ登録で無料講座を閲覧】

ユーザー登録

1 下記【ユーザー登録】をクリックしてください。
2 利用規約を確認の上、【同意する】をクリックしてください。
3 [名前] [E-mail] [連絡先電話番号] を入力して【確認】ボタンをクリックしてください。
4 登録情報を確認の上、【登録】クリックしてください。

ID、パスワードでログインする

1 登録完了メールが送られてきます。
メール内に記載されているURLをクリックすると【ログイン画面】が表示されます。
2 ログインID、パスワードを入力して、【ログイン】をクリックします。
(ID・Passを保存をチェックすると次回から自動入力されます)
3 サンプル教材をご覧頂くことが可能です。

ご購入手続きの流れ

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

乙種第4類危険物取扱者講座 90日パック 2,500円(税込)

【今すぐ購入する】

学習をスタートする

1 下記ログインフォームより、無料体験、購入手続きの際に使用した、ID、パスワードでログインします。
2 購入済みの各講座をクリックして学習をスタートしてください。

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:o.nakamura

Print This Post Print This Post